シェービングサービスには持参OK?銀座カラーでも販売しているシェーバー


シェーバーがいるって本当?銀座カラーの施術日の持ち物

脱毛施術の前に自己処理をしてから通わなければいけない、という話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。銀座カラーでも脱毛前に自己処理は必要ですが、シェーバーを持参すれば、一部はスタッフが処理してくれます。

えり足や背中だけでなくヒップ奥も、処理してもらえるので、セルフ脱毛に不慣れな方も安心して通うことが出来ます。シェーバーを持参しなければならない理由は、お店のシェーバーを使いまわすと衛生的ではないからです。

使用出来る電気シェーバーは決まっていて、刃先がギザギザの顔用のものとなっています。体用のシェーバーやカミソリは、非対応のため持参しても処理をしてもらえないので注意しましょう。サロンでもパナソニックのフェリエを販売しているため、万が一忘れた場合は購入することも可能です。
銀座カラーはシンガポールにもある

銀座カラーのシェーバーは他店でも買える?

しかし銀座カラーで売っている電気シェーバーは3,000円を超えるため、電気屋さんやインターネット通販で買った方が安いです。ちなみにサロンで販売されているものは、生産終了したES2105PPという品番のものになります。

このシェーバーは眉の形を整えるのに優れ、鼻下の産毛のように細かなムダ毛の手入れにも最適です。襟足の処理にも適している優れた電気シェーバーです。アットコスメの商品レビューでも評価が高く、多くの人が「使いやすい」とコメントしています。

パナソニックのホームページでは、生産終了と掲載されていますが、アマゾンや楽天のような大型通販サイトでは購入可能です。

おすすめ商品は?銀座カラーに持参するシェーバー

他のサロンでは、一般的に脱毛前のシェービングサービスは有料で行うことが多いです。一方で銀座カラーは、襟足や背中のように手の届きにくい所に限り、無料でシェービングを行ってもらえます。その点でもかなり良心的です。

ただしシェーバーは持参となり、店頭販売のものより電気屋さんや通販で買った方が安いのが実際のところです。銀座カラーではパナソニックのフェリエES2105PPを販売していますが、生産終了しています。

その他におすすめのシェーバーは無いかと探してみたところ、同じくパナソニックのフェリエのニューモデルを見つけました。

「フェリエ フェイス用ES-WF60」です。細かい産毛も優しくシェービング出来るのが特徴です。電気屋さんではもちろんのこと、アマゾンや楽天でも取り扱いがあります。

他にもお手持ちのシェーバーで代用したいという方は、スタッフに事前に使えるかどうか確認をしておくと良いでしょう。


関連する記事:学生さんでも始めやすい!親切でリーズナブルな銀座カラーの支払い方法